宇野昌磨、公式練習で4回転ジャンプ成功させる

12月8日(金)11時51分 スポーツ報知

公式練習で調整する宇野昌磨

写真を拡大


フィギュアスケートGPシリーズファイナル 第2日(8日、名古屋・ガイシプラザ)

 男子フリーが行われる。ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が朝の公式練習に参加し「特に昨日疲れたわけじゃないので、大丈夫」と元気いっぱい。ループ、サルコー、トウループの4回転ジャンプを成功させるなど、好調を維持して最終調整を終えた。

 「トゥーランドット」の曲かけではジャンプを跳ばずに滑りを確認し「氷の感覚や滑った感じを確かめるというか、安定した滑りが出来るように意識した。今回は特に順位は気にしていない。いつも気にしていないけど、今回は気にしようと思っても気にならないくらい。自分のやりたいことをやりたい」。

 米国のネーサン・チェン(18)に1・81点。地元・名古屋での平昌五輪前哨戦で12年の高橋大輔、13〜16年の羽生結弦に続く日本勢6年連続優勝へ逆転に挑む。最終滑走の宇野は午後9時4分に登場予定。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジャンプをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ