【楽天】オコエ悔し、メキシコ冬季リーグで“戦力外”2年連続途中リタイア

12月8日(金)7時1分 スポーツ報知

楽天・オコエ

写真を拡大


 メキシコウィンターリーグに参加している楽天オコエ瑠偉外野手(20)が8日早朝に帰国することが7日、分かった。

 オコエは11月23日に日本を離れ、メキシコのカニェロス・デ・ロス・モチスに所属。同28日に「1番・中堅」で先発してデビューしたが3打席連続三振に倒れて途中交代し、翌日以降は出場の機会がなかった。同リーグではレギュラー争いが激しく、オコエも「まずはクビにならないようにしたい」と意気込んでいた。試合は12月下旬まで予定されていたが、無念の帰国となった。

 昨年も台湾のウィンターリーグに出場していたが、親知らずが悪化して途中帰国。まさかの2年連続途中リタイアとなった。今季は2月に右手薬指を痛め、4月まで試合に出られなかったこともあり「世界のいろんな野球を見てみたい」と武者修行を直訴。侍ジャパンメンバーとして出場したアジアプロ野球チャンピオンシップ決勝の3日後に出発というハードスケジュールながら「野球を恋人にしたいです」と言い残して日本を離れていた。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

オコエ瑠偉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ