レイカーズが連敗を5で阻止 イングラムが劇的な3点シュートを成功

12月8日(金)15時38分 スポーツニッポン

劇的な3点シュートを決めたレイカーズのイングラム(AP)

写真を拡大

 NBAは7日に各地で4試合を行い、レイカーズは敵地フィラデルフィア(ペンシルベニア州)で76ersに107—104(前半57—49)で競り勝って9勝15敗。21得点を挙げたブランドン・イングラム(20歳)が同点で迎えた残り0・8秒、劇的な3点シュートを決めてチームの連敗を5でくい止めた。

 76ersは13勝11敗。ジョエル・エンビード(23歳)が33得点、新人王資格を持つベン・シモンズ(21歳)が12得点、13リバウンド、15アシストで今季3回目のトリプルダブルをマークし、最大16点差のビハインドから残り39・8秒に追いついたがあと一歩およばなかった。

 サンダーは敵地ブルックリン(ニューヨーク州)でネッツに95—100(前半58—49)で敗れて11勝13敗。ラッセル・ウエストブルック(29歳)は31得点、8リバウンド、6アシストを記録したが、勝負どころの第4Qで16—26と失速して連勝は3で止まった。

 ネッツは10勝14敗。故障者続出の中でここ4戦では3勝と踏ん張っている。

 西地区全体首位のロケッツは敵地ソルトレイクシティー(ユタ州)でジャズを112—101(前半51—46)で下し、8連勝で19勝4敗。ジェームズ・ハーデン(28歳)が29得点、クリス・ポール(32歳)が18得点、9リバウンド、13アシストを挙げてチームを引っ張った。

 ジャズは13勝13敗。新人のドノバン・ミッチェル(21歳)は26得点を稼いで奮闘したが、チームは6連勝のあと連敗を喫した。

 <その他の結果>

ウィザーズ(14勝11敗)109—99サンズ(9勝18敗)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

連敗をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ