ロッテ石川 下がり幅は「10ビットコイン」 故郷・富山では投げるよりも…

12月8日(金)12時38分 スポーツニッポン

契約を更改したロッテ・石川

写真を拡大

 ロッテ石川歩投手(29)が8日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、2000万円減の年俸1億1000万円(金額は推定)でサインした。

 3月にWBCに出場した右腕だが、シーズンでは3勝11敗と大きく負け越し防御率5・09に終わった。年俸の下がり幅について「10ビットコインくらい?」と表現。自身初の減俸に「今年はいくらダウンと言われても何も言える数字は残していない」と受け止めると、来季に向けて「自分の状態を上げて、自信を持って投げられるのが一番」と雪辱を誓った。

 来年5月15日のオリックス戦は故郷の富山で13年ぶりの主催試合として行われる。しかし「投げたいか投げたくないかで言えば投げたくない。富山のおいしいものも食べたいけど、登板前日だとなかなか食べられないんで。どちらかが投げるならやっぱり…」と同じ富山出身の西野に「譲る」考えを明かして周囲の笑いを誘っていた。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロッテをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ