ロシア・コリャダのSP後コメントの日本語訳を国際連盟が訂正 フィギュアGPファイナル 

12月8日(金)16時28分 スポーツニッポン

ロシアのミハイル・コリャダ

写真を拡大

 国際スケート連盟(ISU)は8日、フィギュアスケート男子のミハイル・コリャダ(ロシア)がグランプリファイナルのSP(7日)後の公式会見で発したコメントの日本語訳を訂正した。

 ドーピング問題で国際オリンピック委員会(IOC)が平昌五輪からロシア選手団を除外し、個人資格での出場を認める決断を下したことについて問われると、コリャダはロシア語で答えた。その言葉は「ロシアが犯したことを考えれば、当然の措置だと思う。従って、ロシアを代表して出ることはない」と日本語に翻訳されたが、ISUはこれを誤訳とし、「ロシア選手が出場できるのは正しい決断だったと思います。正直に言えば、ロシアチームが参加しないオリンピックは想像できないからです」と訂正した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロシアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ