片山来夢「びっくり」予選2組トップで決勝へ「今回は調子に乗らないように」

12月8日(金)9時18分 スポーツニッポン

予選2組のトップで決勝に進んだ片山来夢

写真を拡大

 スノーボード・ハーフパイプW杯第2戦の予選が7日、米コロラド州のコッパーマウンテンで行われ、男子の片山来夢(22=バートン)は予選2組のトップで上位10人による9日の決勝に駒を進めた。

 初の五輪代表を目指す片山は、1回目に96・00点を叩き出し、予選2組の首位で決勝に進んだ。「雪というコンディションもあって1本目に懸けていた。思ったよりも点数が出てびっくりした」と笑みを浮かべた。「今日は攻めたというよりベースを守った滑りをしっかりやっただけ」と9月の開幕戦に続く首位通過にも上積みの余地は残っている。前回は決勝で11位に沈んだとあって「今回は調子に乗らないようにします。前回ちょっとこけちゃったんで。冷静にやりたい」と気を引き締めた。

 ▼平岡卓 もうちょい点数出るかなあと思ったけど仕方ない。来週も大会があるので。(1回目は転倒。2回目はミスなく通したが74・66点の17位で予選落ち)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

W杯をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ