熊本の39歳DF藏川洋平、契約満了に…現役続行を希望「40歳まで続けたい」

12月9日(金)19時56分 サッカーキング

熊本が契約満了を発表した藏川洋平 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ロアッソ熊本は9日、DF藏川洋平との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

 藏川は1977年生まれの39歳。多々良学園高校(現・高川学園高校)から愛知学院大学を経て、2000年に横浜F・マリノスに加入した。しかし1年で退団となり、群馬県リーグ(当時)のFCホリコシに加入。関東リーグ、そしてJFLへの昇格に大きく貢献した。

 そして2006年、柏レイソルに移籍。Jリーグ復帰を果たし、同クラブで2011年までプレーした。2012年からは熊本に所属。今季は明治安田生命J2リーグで22試合に出場し、1ゴールを記録した。

 契約満了にあたり、藏川は以下のようにコメントしている。

「5年間お世話になった熊本を離れることになりました。ロアッソ熊本にひろってもらったので、熊本で引退できればと思いましたが、そんなにうまくいかないのが自分の人生を表しているのかなと思います。40歳まで現役を続けたいと思っていたので、できるのであれば、もう少しサッカーを続けたいと思っています。ロアッソ熊本のJ1昇格と熊本の復興を願っています。5年間ありがとうございました」

サッカーキング

「契約満了」のニュース

BIGLOBE
トップへ