秋田、レンタル加入のMF古田寛幸の退団を発表…所属元の金沢も契約満了

12月9日(土)11時51分 サッカーキング

期限付き移籍でブラウブリッツ秋田でプレーしていた古田寛幸 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ブラウブリッツ秋田は9日、ツエーゲン金沢から期限付き移籍で加入していたMF古田寛幸について、期限付き移籍期間の満了を発表した。所属元の金沢も同日、契約満了に伴い来季の契約を更新しないことを発表している。

 古田は現在26歳。札幌U−18から2008年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。2014年にはカマタマーレ讃岐への期限付き移籍を経験。翌年には札幌へ復帰したが、2016年に金沢に完全移籍した。今季はブラウブリッツ秋田へ期限付き移籍し、再びの武者修行。2017明治安田生命J3リーグ戦で全32試合に出場して2得点を記録し、チームの初優勝に貢献した。

 古田のコメントを秋田のクラブ公式サイトが以下の通り掲載した。

「今年1年、この秋田でプレーすることができて、そして優勝することができて本当に最高の1年間でした。秋田に呼んでいただいて、たくさんのサポートをしていただいた方たちに心から感謝しています。そしてこれからは僕なりのチャレンジをしていきたいと思っていますので、どうか古田寛幸を忘れずによろしくお願い致します」

サッカーキング

「退団」をもっと詳しく

「退団」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ