「政界進出」仕掛け人も登場!清原和博と新庄剛志「球界復帰シナリオ」の裏側

12月10日(火)5時59分 アサ芸プラス

 12月1日にダイワハウススタジアム八王子で野球イベント「レジェンド・ベースボール・フェス」が開催された。

 同イベントは清原和博(52)のPL、西武の後輩である野々垣武氏(48)が代表を務める一般財団法人「グリーンシードベースボールファンデーション」と八王子市教育委員会が主催の野球教室で、子供から大人までの幅広い年代の人たちが元プロ野球選手からキャッチボールなどの指導を受けられる内容だった。

 元プロ選手の顔ぶれはかなり豪華で、大魔神こと佐々木一浩氏(51)や、今シーズンまでヤクルトでヘッドコーチを務めていた宮本慎也氏(49)がコーチとして参加した。イベントの終盤には清原が涙ぐむシーンもあったという。

 その一方で、“清原監督”が大々的に報じられた、前日の11月30日に明治神宮球場で開催された「ワールドトライアウト2019」は、観客数も少なくお寒い内容だったと不評であった。どうも、その背景には、アスリートファーストならぬ“清原の復帰ファースト”とも言えそうな思惑が見え隠れするという。

 そんな清原と同時に話題を集めているのが、突如、SNSでプロ野球復帰を宣言した新庄剛志(47)である。こちらには、「新庄なら…」と球界内外で現役復帰を期待する声が飛び交っているが、そんな中、世間を騒がせているNHKから国民を守る党の立花孝志代表から政界進出のオファーがくる事態に…。

 12月10日発売のアサヒ芸能12月19日号では、清原の復帰プロジェクトの裏側と、新庄の現役復帰と政界進出の勝算という、同時に動きだした2人の「スーパースター」の舞台裏事情について詳報している。

アサ芸プラス

「清原和博」をもっと詳しく

「清原和博」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ