IMSA:F2ドライバーのカルデロンがGT3デビュー。ランボルギーニでデイトナ参戦へ

12月10日(火)19時26分 AUTOSPORT web

 GT3レースの強豪として知られるGRTグラッサー・レーシング・チームと提携し2020年シーズン、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTデイトナ(GTD)クラスに参戦するGEARレーシングが、ロングディスタンスレースで起用するふたりの助っ人ドライバーを発表。ビア・フィギュエイレドと、F2ドライバーのタチアナ・カルデロンが第3、第4ドライバーとして登録されることが明らかになった。


 ランボルギーニのワークス格であるGRTの支援を受けて、北米スポーツカーシリーズに挑戦するGEAR(Girl Empowerment Around Racing)は、モータースポーツにおける女性の才能を促進させることを目指す団体だ。


 同チームはすでにキャサリン・レッグと、クリスティーナ・ニールセンというふたりの女性ドライバーを2020年シーズンの全戦に出場させるとしているが、このラインアップをさらに強固なものにする2名の助っ人を追加している。


 その内のひとりがアルファロメオF1のテストドライバーを務めているカルデロンだ。彼女は2019年シーズン、GP3からFIA-F2へステップアップ。BWTアーデンで計20戦に出場した。


 そんなカルデロンはこれまでに、ポルシェ・モービル1・スーパーカップなど複数回のスポーツカーレースに参戦した経験を持つが、GT3カーでのレースは2020年1月25〜26日に行われるデイトナ24時間レースが初めてとなる。


 一方、ストックカー・ブラジルのレギュラードライバーであるフィギュエイレドは“ミシュラン・エンデュランスカップ”の4ラウンドの内、デイトナとセブリング、ワトキンズグレンで行われる計3つのイベントで、GEARのランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoをドライブする予定だ。


 フィギュエイレドは昨シーズン、同じく女性ドライバーのみの布陣でIMSAのGTDクラスに参戦したハインリッヒャー・レーシングのアキュラNSX GT3 Evoをドライブしており、2年連続で女性メンバーで構成されるチームからシリーズに臨むことになる。


 ランボルギーニ・モータースポーツのグローバルヘッドであるジョルジオ・サンナは、今回のラインアップ拡張について「ビアとタチアナをランボルギーニ初のオール女性ドライバーによるラインアップに迎えることができ、とてもうれしく思う」と語った。


「彼女らは非常に経験豊富なドライバーであり、もちろん優れたスピードを持ち、GRTグラッサー・レーシング・チームの付加価値となる。我々はこの新しく刺激的なチャレンジをサポートできることを楽しみにしているんだ」

GEARレーシングの第3ドライバーとして計3戦でランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoをドライブするビア・フィギュエイレド
GEARレーシングの第3ドライバーとして計3戦でランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoをドライブするビア・フィギュエイレド


AUTOSPORT web

「ドライバー」をもっと詳しく

「ドライバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ