本命不在、大混戦の『2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー』で”今年の1台”が決定

12月11日(月)14時2分 AUTOSPORT web

 一般社団法人日本カー・オブ・ザ・イヤーは12月11日、『2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー』の最終選考会を実施し、ボルボXC60がカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。


 自動車雑誌が中心となって、年間を通してもっとも優秀な市販車に贈られる自動車賞、日本カー・オブ・ザ・イヤー。今年で38回目の開催となる。


 今年はニッサン新型リーフやスバル新型インプレッサが本命候補と噂されたが、両社とも無資格の従業員が完成車両を検査した不正問題が発覚し、選考を辞退。そのため、本命不在の大混戦となっていた。


 今年の最終選考に進んだのは以下の10台で、ここから2017年を象徴するクルマが選ばれた。


■10ベストカー(主催者発表順)


・スズキ スイフトシリーズ

・トヨタ カムリ

・レクサス LC

・ホンダ N-BOX/N-BOX カスタム

・マツダ CX-5

・アルファロメオ ジュリア

・BMW 5シリーズセダン/ツーリング

・シトロエン C3

・ボルボ XC60

・フォルクスワーゲン ティグアン


 最終選考会は東京・青梅にある国際交流館で開催され、各選考委員の投票の結果、BMW 5シリーズセダン/ツーリング、トヨタ・カムリなどとの接戦を制したXC60が最高得票を獲得。イヤーカーに選ばれた。なお、ボルボが日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのは、今回が初めてのことだ。


 イヤーカーに選ばれたXC60は同社のグローバル販売台数の約3割を占めるミッドサイズSUV。

東京モーターショー2017に出展された『ボルボXC60』
東京モーターショー2017に出展された『ボルボXC60』


 2008年に登場した初代は発売以来、好調な売り上げを記録し、世界累計で100万台以上が生産された大ヒットモデルに成長。欧州でもセグメントNo.1の販売台数を記録する成功作となった。


 2017年3月のジュネーブショーでフルモデルチェンジされた2代目では、新たなプラットフォーム『SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)』を採用。国内では10月16日より発売が開始されている。

スーパーGTを戦うレクサス陣営のレクサスLC500
スーパーGTを戦うレクサス陣営のレクサスLC500
マーティン・トゥルーエクスJr.(トヨタ・カムリ)
マーティン・トゥルーエクスJr.(トヨタ・カムリ)


 賞を争ったカムリは、アメリカで圧倒的な人気を誇るNASCARを戦うトヨタ陣営のベース車となっているほか、レクサスLCも2017年からスーパーGTを戦うGT500クラスのベース車両となっているが、イヤーカー受賞はならなかった。


 そのほか革新的な技術を持つクルマに贈られるイノベーション部門賞にはトヨタ・プリウスPHVが、洗練されたデザインのクルマに贈られるエモーショナル部門賞にはレクサスLCが、スモールカーに贈られるスモールモビリティ部門賞にはホンダ新型N-BOX/N-BOXカスタムが受賞。実行委員会が選出する特別賞はトヨタ自動車の『ハイブリッド車グローバル累計販売1000万台突破』が選ばれている。


AUTOSPORT web

「カー・オブ・ザ・イヤー」をもっと詳しく

「カー・オブ・ザ・イヤー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ