鹿島、大岩剛監督の今季限りでの退任を発表。「最後まで後押しを」

12月11日(水)18時34分 フットボールチャンネル

 J1の鹿島アントラーズは11日、契約満了により大岩剛監督の今季限りでの退任を発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 大岩監督は2017年にコーチから鹿島の監督に就任。大岩監督就任後の鹿島は優勝争いを演じ、2017シーズンは惜しくも優勝を逃すも、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した。鹿島は2018年にはACLを制覇し、大岩監督は鹿島をアジア王者に導き、クラブワールドカップで4位に入った。

 クラブの公式サイトで大岩監督は「鹿島アントラーズは、タイトルを義務付けられたクラブです。その中で今年、Jリーグ、ルヴァンカップ、連覇を目指したACLを獲れなかったことは自分の力不足であり、本当に申し訳なく感じています。 今シーズンはあと2試合、天皇杯のタイトルが残っています。アントラーズファミリー全員で、喜びを共有できるチャンスがあります。私の最後の仕事は、選手たちとともにその頂点に立ち、皆さんに最高の歓喜を与えること、それだけです。すべては勝利のために、一丸となって戦えるよう、最後まで後押しをしてもらえればうれしいです」とコメントしている。

 鹿島は天皇杯準決勝に残っていて、優勝すれば来季のACLで本大会にストレートインできる。大岩監督は天皇杯で優勝し、退任前最後のタイトルを獲得することができるだろうか。

フットボールチャンネル

「鹿島」をもっと詳しく

「鹿島」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ