復活のハットトリックを決めたヴァーディー。マンC攻略の秘密はブラーボ?

12月12日(月)18時33分 フットボールチャンネル

 レスター・シティのFWジェイミー・ヴァーディーは、現地時間10日に行われたマンチェスター・シティ戦でハットトリックを達成した。同選手は、レスターのある“狙い”がうまくいったと明かしている。英紙『デイリー・テレグラフ』が伝えた。

 ヴァーディーは開始3分に先制点を決めると、2点差として迎えた20分に追加点を挙げ、79分にはトドメを刺した。

 特に4点目は狙いどおりのプレーだったようだ。ヴァーディーは「僕たちは映像をチェックしていた。彼らはGKを使うのが好きだ。彼らにとってGKはボールを扱う選手だから、コーナーに追い詰めたらGKにプレッシャーをかけなければいけない」と語っている。

 相手のバックパスをインターセプトしてゴールに流し込み自身3点目を決めた同選手は、「ハットトリックのときも、運良くボールがきてくれたね。GKはその準備ができていなかったんだ」と振り返った。

 9月10日リバプール戦以来となる得点を決めたヴァーディー。シティ戦をきっかけに昨シーズンのフォームを取り戻せるだろうか。

フットボールチャンネル

「ハットトリック」をもっと詳しく

「ハットトリック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ