川辺駿の広島復帰が決定…磐田での3年で103試合出場「自信を確信に」

12月12日(火)15時3分 サッカーキング

4年ぶりにサンフレッチェ広島へ復帰することが決まった川辺駿 [写真]=Getty Images for DAZN

写真を拡大

 ジュビロ磐田は12日、MF川辺駿の期限付き移籍期間が満了し、サンフレッチェ広島に復帰することが決まったと発表した。

 川辺は1995年生まれの22歳。広島の下部組織出身で、2013年にトップチームへ昇格した。2015年からは磐田へ期限付き移籍で加入し、3シーズンで公式戦103試合に出場。今季は明治安田生命J1リーグで全34試合中32試合に出場して4ゴール、JリーグYBCルヴァンカップで3試合出場1ゴール、天皇杯で3試合出場を記録している。

 期限付き移籍期間満了にあたり、川辺は磐田の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「ジュビロ磐田に関わる全ての人に感謝したいです。選手として大事な時期にプロサッカー選手としての価値、土台ができたのは名波さんをはじめとするスタッフや選手のおかげです。レンタルだからとかという考えはなく、毎試合ジュビロ磐田の一員として戦いました。ここでの思い出は一生宝物です!3年間ありがとうございました!」

 復帰する広島に対しては以下のようにコメントしている。

「J1で活躍できるという自信を確信に変えて帰ってきました!クオリティーの高い選手や意識の高い選手が多いので、もっと成長できると思います。広島のクオリティーの高い選手達と主導権を握ってボールを動かす、広島らしいプレーをして結果を出したいと強く思っています。応援をよろしくお願いいたします」

サッカーキング

「復帰」をもっと詳しく

「復帰」のニュース

BIGLOBE
トップへ