ケガから復帰も再負傷…アーセナルDFティアニーが右肩脱臼で最大3カ月の離脱か

12月12日(木)19時39分 サッカーキング

右肩の脱臼で長期の戦線離脱が見込まれる、アーセナルのティアニー [写真]=Getty Images

写真を拡大

 アーセナルに所属するスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、肩の負傷により最大3カ月間戦線を離脱する模様だ。11日、アメリカメディア『ユーロスポーツ』が報じている。

 ティアニーは、9日に行われたプレミアリーグ第16節のウェストハム戦(アーセナルが3−1で勝利)で右肩を負傷していた。試合後に病院で行われた検査の結果、ティアニーは右肩を脱臼していたため、長期の離脱が見込まれている。現状では、最大3カ月間チームを離れる可能性があるという。

 22歳のティアニーは、今シーズンからアーセナルに加入した新進気鋭の左サイドバック。故障で出遅れた影響もあり、プレミアリーグでは5試合の出場にとどまっていた。

 なお、アーセナルはティアニーが右肩の手術を行うかどうかについて、まだ結論を出していない。

サッカーキング

「負傷」をもっと詳しく

「負傷」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ