清水が大熊清氏のクラブスタッフ就任を発表…大宮、セレッソなどの監督を歴任

12月16日(月)15時41分 サッカーキング

清水はC大阪チーム統括部長の大熊清氏がクラブスタッフとして加わることを発表した。

写真を拡大

 清水エスパルスは16日、大熊清氏が2020年シーズンからクラブスタッフに就任することをクラブ公式サイトで発表した。

 大熊氏は1964年6月21日生まれの55歳。1992年に東京ガスで選手を引退すると、1993年に中央大学学友会サッカー部のコーチとして指導者キャリアをスタート。1999年にFC東京の監督として初めてJリーグで指揮を執った。2002年8月から2005年7月まではU−20などアンダー世代の日本代表監督を歴任。2006年8月から2010年7月まで日本代表のコーチを務めた。

 2010年9月以降はFC東京、大宮アルディージャ、セレッソ大阪で監督やテクニカルディレクターなどの要職を歴任し、現在はC大阪でチーム統括部長の職に就いていた。

 なお、具体的な役職は後日改めて清水から発表される。

サッカーキング

「大宮」をもっと詳しく

「大宮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ