香川真司、独複数メディアでチーム最高評価。「ドルトムントで一番目立っていた」

12月17日(日)7時0分 フットボールチャンネル

 現地時間16日、ブンデスリーガ第17節が行われボルシア・ドルトムントはホッフェンハイムと対戦した。試合は香川真司の2ゴールに絡む活躍もありホームのドルトムントが2-1で勝利した。

 試合後、複数の独メディアがこの試合の寸評並びに評点を掲載し香川に高評価を与えている。

『レヴィア・シュポルト』では「序盤は素晴らしいパスを見せたかと思えば無謀なパスを出すなど好不調があった。それでも同点ゴールとなるPKを獲得し決勝点のアシストを記録した」と寸評しチーム最高となる「2,5」を与えた。

『sportbuzzer』は香川に対し「この日本人はドルトムントで一番目立っていた。PKを獲得するなどマインツ戦同様この試合でも豊富な運動量をみせた。唯一欠けていたのは得点を挙げる事だった」と一定の評価を与えチーム最高タイの「3」を付けた。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

フットボールチャンネル

「ドルトムント」をもっと詳しく

「ドルトムント」のニュース

BIGLOBE
トップへ