ルーニー、飲酒運転を深く反省「子供たちを失望させてしまった」

12月17日(日)23時0分 フットボールチャンネル

 エバートンに所属するFWウェイン・ルーニーが、今年9月に犯した罪に言及し、反省の言葉を残した。

 ルーニーは今年の9月1日、自宅付近をドライブしている途中に地元警察に呼び止められると、取り調べの結果、飲酒運転が発覚。裁判では、2年間の運転禁止処分と12ヶ月間の社会奉仕活動、さらには100時間の無償労働が義務付けられた。

 英紙『ミラー』のインタビューに答えたルーニーは、自らが犯した罪を深く反省している様子を見せた。

 「すぐに自分がバカな罪を犯したことに気づいたんだ。そして前に進み続けなければならないことも。本当に愚かな過ちを犯して、子供たちを失望させてしまった」

 また、深く反省の色を示したルーニーは「だからこそ、そこから学んでいこうと思う」と語るなど、前向きな姿勢も見せた。

フットボールチャンネル

「飲酒」をもっと詳しく

「飲酒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ