ザルツブルクが「Hey,リヴァプール、次は誰?」所属した選手たちの移籍に反応

12月20日(金)11時24分 サッカーキング

ザルツブルクからリヴァプールに移籍した3選手(左からマネ、ケイタ、南野 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ザルツブルクは19日にクラブの公式Twitterを更新。ザルツブルクを経由してリヴァプールに移籍した選手たちを一覧で公開し、ジョーク交じりのツイートを投稿した。

 投稿された画像には、壁面に映し出された「SALZBURG GOES ANFIELD」の文字とともに、サディオ・マネ、ナビ・ケイタ、そして南野拓実の写真が。移籍した年はマネが2016年、ケイタが2018年、南野が2020年と2年ペースとなっており、2022年と2024年にも誰かが移籍するのではないかと言わんばかりにそのシルエットが描かれている。

 ツイートには「Hey,リヴァプール、次は誰?」と記されており、ジョーク交じりに南野の移籍を嘆いている。コメント欄は次に移籍する選手の予想やリヴァプールファンの感謝のリプライなどで賑わっており、両チームにとって今回の出来事が大きなムーブメントであることを象徴しているようだ。

サッカーキング

「ザルツブルク」をもっと詳しく

「ザルツブルク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ