かつての同僚、川島永嗣&ジュニーニョが中村憲剛にメッセージ…カズ、イニエスタも

12月21日(月)22時38分 サッカーキング

川崎時代には中村憲剛と同僚だった川島永嗣(左)、ジュニーニョ(右) [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

 川崎フロンターレは21日、等々力陸上競技場にてMF中村憲剛の現役引退セレモニーを実施した。

 セレモニーでは中村憲剛にゆかりのある人物として、かつて川崎で共に戦ったGK川島永嗣(現ストラスブール)、FWジュニーニョからのメッセージが届いた。川島は2007年から2010年夏にかけて、ジュニーニョは2003年から2011年まで共に川崎でプレーした。さらに、Jリーグで共闘したヴィッセル神戸のMF
アンドレス・イニエスタ、横浜FCのFW三浦知良からもコメントが送られた。

 4名のメッセージは以下の通り。

◼︎川島永嗣
「憲ちゃん。今、どんな思いで等々力のピッチに立っているでしょうか?今日、その場に一緒にいられないことを本当に残念に思います。憲ちゃんとは、フロンターレ時代から、どうやったらフロンターレを優勝させられるか。そして、代表の時も、どうやったら日本サッカーをもっと強くできるのか。多くを語ったのが今でも鮮明に覚えています。そして今、等々力のピッチでフロンターレを優勝させ、夢を実現させた姿を想像すると、本当に憲ちゃんのことを誇らしく思いますし、中村憲剛という存在が、みんなにとっての宝物なんだということを心から感じます。そんな今の姿があるのも、憲ちゃんがこれまで、サッカーにひたむきに、そして純粋に向き合ってきたからだと思っています。これからも、フロンターレの、そして日本サッカーのために、サッカーにひたむきに、そして純粋に向き合って、これからの人生も憲ちゃんらしく、楽しく、過ごせてもらえたらいいなと思います。『お疲れ様』は言いたくないので、また近々会いましょう。それでは」

◼︎ジュニーニョ
「オラ!川崎フロンターレのサポーター!みんなにおめでとうを言いたい。この偉大な勝利、3度目のJリーグ優勝に、そして僕の友達ケンゴに大いなる親愛を込めて。今年、引退を決めたんだね。君の大いなる幸せを祈る。今、君は引退することを決断した。でも、君がプレーし続けたいことは分かっている。心の中には意欲がある。プレーし続け、手助けしたいという。僕らがこれほど愛し、僕らに多くを与えてくれたクラブのために、君がまだどれほどプレーしていたいか分かっている。でも、この時が来たんだ。僕は君の幸せを願っているよ。これからの新たな道のり、新たな人生で君の家族とともに、君もどれだけ尊いものか分かるよ。子どもたちや奥さんとの時間は素晴らしいものになる。ピッチ外でもこのクラブを大いに手助けしていって欲しい。ピッチの中と同じようにね。兄弟、君に大いなる親愛を込めて。抱擁を。大いなる幸せを願っているよ。それから、タイトルおめでとう。そして、天皇杯優勝で締めくくろう」

◼︎アンドレス・イニエスタ
「これは中村憲剛選手へのメッセージです。サッカー選手としてのこれまでの輝かしいキャリア、お疲れ様でした。同じクラブに居続け、長い間にあたってトップレベルでプレーを続けられたことは素晴らしいです。そして、最後の数年間を同じJリーグで戦えて光栄でした。がんばって!」

◼︎三浦知良
「横浜FCのカズです。憲剛、現役18年間お疲れ様でした。その最後の年に、一緒にピッチに立つことができて、戦えて誇りに思います。これからは監督を目指すということを聞いています。選手の時と同じような、ファンタスティックな、見てる人の誰もが楽しめる、そして、感動できる、そんなサッカーを目指して、また憲剛の姿を見れることを楽しみにしています。頑張ってください。本当に18年間お疲れ様でした。ありがとうございました。Boa Sorte!」

サッカーキング

「中村憲剛」をもっと詳しく

「中村憲剛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ