”浦和ユース黄金世代”DF高橋峻希、大型補強の神戸から柏に移籍。「全身全霊をかけて戦う」

12月27日(木)18時30分 フットボールチャンネル

 J1のヴィッセル神戸はDF高橋峻希が来季からJ2の柏レイソルに移籍することを27日にクラブ公式サイトで発表した。

 高橋は浦和レッズのユース出身で2009年にトップチームデビュー。その後、2012年から2013年まではジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍。2014年からヴィッセル神戸でプレーしている。今季は公式戦16試合の出場のみとなっている。

 高橋は元々右サイドハーフやウィングとしてユースで活躍。一つ下の学年の日本代表MF原口元気や同期のMF山田直輝、DF濱田水輝らとともに”浦和ユース黄金世代”と呼ばれ将来を期待された選手。

 柏のクラブ公式サイトで高橋は「柏レイソルの一員になれることを誇りに思います。ピッチ上で結果を求め、全身全霊をかけて、柏レイソルのために戦います」とコメントした。

フットボールチャンネル

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ