34歳ヤヤ・トゥーレ、コートジボワール代表引退を撤回「この国を愛している」

12月27日(水)17時45分 サッカーキング

2015年には主将としてアフリカ王者に輝いたヤヤ・トゥーレ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Cに所属する元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが代表引退を撤回した。26日に自身のツイッターで代表復帰の意思を明かした。

 Y・トゥーレはツイッターで「僕はこの国を愛していて、代表招集を受ける準備がある。僕の経験を通じて次世代の選手たちの手助けをしたいし、全ての国民が誇りに思えるチームにしたい」と綴り、代表引退を撤回する意向を示した。

 Y・トゥーレは2016年に「14年間、最高レベルで戦ってきて、今が自分にとって適切な時だと確信している」と代表引退を表明。同選手公式サイトによると、コートジボワール代表として100キャップ19ゴールを記録していた。2015年にはキャプテンとして母国を史上2回目のアフリカネーションズカップ優勝に導き、3度のワールドカップにも出場した。

 コートジボワール代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア アフリカ最終予選グループCで2位となり、本大会出場は叶わなかった。2018年にはアフリカ・ネーションズカップ2019の予選が予定されている。

サッカーキング

「引退」をもっと詳しく

「引退」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ