立場逆転!? 長友佑都フル出場インテルが3連敗。不振ミランがダービー制す

12月28日(木)9時19分 フットボールチャンネル

 現地時間27日に行われたコッパ・イタリア(イタリア杯)準々決勝、ミラン対インテルのミラノダービーは、延長戦の末にミランが1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都は、フル出場している。

 ガットゥーゾ監督就任以降も調子が上がらず苦しんでいるミランは、ジャンルイジ・ドンナルンマの兄であるアントニオ・ドンナルンマをGKで先発起用した。

 一方のインテルは、リーグ戦で6試合起用されていない長友を先発で起用。右サイドにカンセロを置き、左サイドに入った。

 試合はどちらも決め手を欠いて延長戦へ。均衡が破れたのは104分。スソが長友をフェイントで外して素早くゴール前にパスを出すと、後半途中に投入されたクトローネがうまくダイレクトで合わせてゴールを奪った。

 これが決勝点となり、ミランは1-0で勝利。復調のきっかけとなり得る大きな一勝を手にした。

 対するインテルは、今季リーグ戦初黒星から3連敗。悪い流れをできるだけ早く断ち切りたいところだ。

【得点者】
104分 1-0 クトローネ (ミラン)

フットボールチャンネル

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ