アルテタ監督、アーセナルの課題に言及「プレースタイルをファンや選手に…」

12月28日(土)9時54分 サッカーキング

アーセナルのミケル・アルテタ監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督がチームの課題について言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が27日に伝えている。

 アルテタ監督は20日、解任を強いられたウナイ・エメリ氏の後任としてアーセナルの新監督に就任。クラブOBとして古巣に復帰した同監督は、26日に行われたプレミアリーグ第19節・ボーンマス戦が初陣となった。

 試合は35分、アーセナルがボーンマスに先制点を許したが、63分にピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールで同点に追いつき1−1で引き分けた。アルテタ監督の初陣を勝利で飾ることはできなかったが、『スカイスポーツ』は「速いテンポで展開する、攻撃的な新しいスタイル」と新監督を評価。

 アルテタ監督は「プレースタイルをファンや選手に納得させること」をチームの最大の課題点として挙げ、次のように続けた。

「まずは選手達に理解させる必要がある。もしプレースタイルが選手達に浸透したら、次はファンに納得させる必要がある。ファンとの繋がりが仕事をする上で非常に重要なことだと考えているよ」

「このサッカーがうまくいけば、選手達はより快適に試合をすることができるし、試合を支配して勝利に近づく。時間をかけてチームを作り上げる必要がある。それによってチームは非常に強力になるだろう」

「我々はファンのためにプレーする。彼らは我々に多くのことを期待しているから、我々は楽しみを与えなければならない。チームが試合に勝てばファンの生活をより良くでき、それは我々の責任でもある。そのためにできる限りのことをしなければならないよ」

 アーセナルは次節、29日にチェルシーとホームで対戦する。

サッカーキング

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ