元稀勢の里の独立に難題 嫁取りが難航中の背景

12月30日(月)7時0分 NEWSポストセブン

独立に向けて難題は「嫁取り」(写真/共同通信社)

写真を拡大

 2019年の初場所中に引退届を提出した日本人横綱・稀勢の里。年寄「荒磯」を襲名し、田子ノ浦部屋付き親方として大関・高安らの指導にあたっている。


「春場所の大相撲中継では解説者デビュー。現役力士目線の詳しい解説で評判はとてもいい」(担当記者)


 ただ、独立して自分の部屋を構える準備は、あまり進んでいないという。


「現役時代から貯蓄にいそしんできたので独立資金には困らないようだが、中卒叩き上げのため、強豪相撲部のある高校・大学などの“学閥”を通じた新弟子供給ルートがなく、内弟子集めに苦労している。さらに、最大の課題が結婚相手探しです」(協会関係者)


 若い力士の面倒を見るには女将さんの存在が不可欠。弟弟子の高安は10月、部屋の後援会の千秋楽パーティなどで会って意気投合した演歌歌手・社このみとの婚約を発表したばかり。そうしてお相手を見つけられないのか。


田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)と手が合わないので、部屋の後援会関係者の紹介は避けたいのではないか。ゴルフが趣味の関取・勢(いきおい)はプロゴルファーの比嘉真美子と婚約したが、そういう趣味もない。あとはバラエティ番組に出てタレントや女子アナと知り合いになる方法だが、真面目で不器用だからなかなか厳しい。引退直後は“来年(2020年)の春に独立”と囁かれたが、難しい状況だ」(同前)


 新入幕から横綱昇進まで73場所と、「綱取り」にかかった期間は歴代最長。「嫁取り」はどうなるか。


※週刊ポスト2020年1月3・10日号

NEWSポストセブン

「稀勢の里」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「稀勢の里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ