猫バンバンだけでは救えない命も

「猫バンバン」だけでは救えない猫の命 ボンネットを開けるなど目視確認を

1月17日(木)17時26分 BIGLOBEニュース編集部

車のエンジンルームなどに入り込んで暖を取る猫を外に逃がすためには、ボンネット叩く「猫バンバン」が有効とされている。しかし、「猫バンバン」してもボンネットを開けると子猫がいた、という体験がTwitterに投稿され反響を呼んでいる。車のエンジンをかける前に「猫バンバン」したTwitterユーザーのぽんさ…

記事全文を読む

「子猫」をもっと詳しく

「子猫」のこれまでの出来事

「子猫」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 飼い主のモラルレスの責任をドライバーに転嫁するな

  • 何が猫ばんばんだ!都市化が進んだ今の日本でネコを放し飼いにするな!クルマの屋根に泥足で上がって汚れるわ傷はつくわで大迷惑。ボンネット内でネコが死んだら飼い主に修理代を請求するからな!

  • 90%の人が「何言ってんのこの人」って感じでしょう

  • ボンネットにこもる猫は全部飼い主がいると思ってる脳力ネコ以下の単細胞が多くてねもうね

  • それは寿命だ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ