空港で介助犬が赤ちゃん8匹出産

空港で介助犬が8匹の赤ちゃんを出産 居合わせた客から拍手も(米)<動画あり>

5月27日(日)21時21分 Techinsight

多くの旅行者で行き交う混雑した国際空港のコンコース内で、搭乗客の介助犬が産気づくというハプニングが起こった。人々が見守る中、犬は無事に8匹の仔犬を出産し、空港は拍手と歓喜に満ち溢れたという。『InsideEdition』『Fox5NY』『ABC7KABC』などが伝えている。米フロリダ州タンパにあるタ…

記事全文を読む

「空港」をもっと詳しく

「空港」のこれまでの出来事

「空港」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • いくら介助犬だってたって、妊娠中にも働かすのか?人より先に犬のほうが働き方改革が必要ではないのか?あっ、あの働き方改革は死ぬまで働かそうって改革だったか。

  • 孕んだ犬をこき使う障害者。鯨教徒グリーンピースや調理法にいちゃもんつける動物愛護団体はまず目の前の障害者へ文句つけな。怖いから言えないんでしょ〜ヘタレがw

  • 働き方改革可決 = 年金詰みましたフラグってことでFA

  • 素直に、無事生まれてよかったね〜って言える人はここにはいないんだね。やれやれ。

  • 犬を飼ったことの人の言うことで腹に子がいることはわかっていても出産時期は素人にはわからん。だから安産の守り神と言う。昼夜問わずいきなりツルツルと何匹も生まれてくる。

BIGLOBE
トップへ