逮捕された飼い主を待ち続ける犬

逮捕され、そのまま刑務所に入ってしまった飼い主の帰りを警察署前で1年間ずっと待ち続ける犬(アルゼンチン)

6月25日(火)11時30分 カラパイア

Facebookたとえ飼い主が犯罪者であろうとも、自分に愛情を注いでくれた人であれば、犬にとっては唯一無二の大切な存在である。アルゼンチンのブエノスアイレスにある警察署の前にいる一匹の犬は、昨年からずっとこの場所を離れることはない。推定年齢4〜5歳とされるその犬は、警察署の前で去年逮捕され、刑務所送…

記事全文を読む

「アルゼンチン」をもっと詳しく

「アルゼンチン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 飼い主が1番わるい!!ブルドックて、放し飼いかよ!!

  • 日本も放し飼いしてた頃は賢い犬が沢山ん居た、信号もちゃんと見て渡る

  • 可哀そう過ぎる。動物は人間界のことは解らない。出入り口が開くのを知ってはいるが、自分では開けられない。動物界にも弱肉強食の恐ろしい掟もある。半年の命のキリンが食肉に変身するむごい掟がある。

BIGLOBE
トップへ