歌川国芳の絵のよう?子猫の寝姿

歌川国芳の未発表作かな? 躍動感あふれる寝姿の子猫、敷物の上で浮世絵を再現

7月2日(月)20時4分 BIGLOBEニュース編集部

敷物の上で躍動感あふれるポーズで寝る子猫が、歌川国芳が描いた浮世絵のようで面白いとTwitterで話題になっている。黒白の子猫・ソラくんはこの日、ござ風の敷物の上で様々な寝相を披露。仰向け気味の体勢で左前足を腰に当てるようなポーズや、両前足をバタつかせて泳ぐ猫かきのような姿、最後には二足歩行で歩いて…

記事全文を読む

「子猫」をもっと詳しく

「子猫」のこれまでの出来事

「子猫」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 猫もかわいいですが、寝ている「ゴザ」が懐かしいです。昔実家で使っていて外から帰った服に土や砂がついていても掃除が楽で丈夫でした。寝ても熱がこもらないので猫も気持ちいいのでしょう。

  • ホントだ、浮世絵みたい。なんか感動した。

  • 面白いのは認めるが…歌川国芳の作風とは異なる.彼の作風はもっとぶっ飛んでる.本当に江戸時代とは思えない作風だ.こんな大人しい作品ではない

  • ウォッカに浸したパンを野良猫に食わしたらフラフラになりながら帰ってった

  • ビールを舐めさせると踊るかな

BIGLOBE
トップへ