保護施設の猫 受刑者らが世話

アメリカの刑務所、保護施設の猫を預かり受刑者らの更生に役立てるプログラムを導入

8月9日(金)20時30分 カラパイア

imagecredit:PendletonCorrectionalFacility_FORWARD/Facebook犬や猫などのペットは人間の良き仲間となるだけでなく、人の心身を大きく癒すセラピー効果もあることがわかっている。また、動物を飼うということは最後までその命に責任を持つということだ。人間が…

記事全文を読む

「アニマルセラピー」をもっと詳しく

「アニマルセラピー」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 日本でもやれよ、特に重犯罪者収容刑務所で

  • 暴力団でも犬とか猫などを飼って可愛がっている人も居るが、人間にはどんなえげつない事でもする。刑務所の厳しい環境で一時的に自分が現実逃避出来るから触れ合うだけ。あほかww

  • 七面鳥の方が良い、クリスマスに締めて美味しく頂く合理的です。

  • ペット飼って最後まで面倒みる大変だよ。猫の最後まで見ました。とうぶんもういいです。猫、ありがとう。

  • 猫アレルギーの人は拒否権あるのか? それとも涙にむせび泣きながら世話をするのが罰なのか????

全件表示する

BIGLOBE
トップへ