「広辞苑」第7版発売 1万語追加

広辞苑第七版発売、1万語追加で140ページ増

1月12日(金)12時46分 TBS

辞書の代名詞ともいえる「広辞苑」が10年ぶりに改訂され、12日朝から都内の書店などで発売されました。発売されたのは、岩波書店の「広辞苑第七版」です。10年ぶりに改訂された「第七版」では、「自撮り」や「ちゃらい」などの現代語やSNSの普及で日常生活に定着した「ツイート」や「スマホ」といったカタカナ語も…

記事全文を読む

広辞苑、10年ぶり全面改訂…「第七版」発売

1月12日(金)11時28分 読売新聞

10年ぶりに全面改訂された岩波書店の辞典「広辞苑第七版」が12日、発売された。東京都千代田区の三省堂書店神保町本店では、午前10時の開店と同時に、1階のレジ近くの特設コーナーで、売り出された。広辞苑は1955年の第1版から累計1190万部を発行する辞典の一大ブランド。第7版は「東日本大震災」などの言…

記事全文を読む

<広辞苑>第7版に追加 原発震災、安全神話、浜通り…

1月12日(金)20時14分 毎日新聞

国語辞典の代名詞とされる岩波書店の「広辞苑」が10年ぶりに改訂され、12日に発売された。今回の第7版には「ブラック企業」「東日本大震災」など近年定着した言葉や新語約1万項目が追加され、「原発震災」「浜通り」「廃炉」など東京電力福島第1原発事故を機に、広く使われるようになった言葉も新たに掲載されている…

記事全文を読む

広辞苑、第7版を発売=10年ぶり全面改訂

1月12日(金)19時41分 時事通信

岩波書店は12日、辞典「広辞苑」の第7版を発売した。従来の第6版を10年ぶりに全面改訂し、社会の新たな動向を反映する形で「ブラック企業」「スマホ」など1万項目を追加。収録項目は計約25万になった。今回はインターネットの普及などを受けた「出版不況」の中での改訂となったが、同社の岡本厚社長は「ネット時代…

記事全文を読む

「広辞苑」のこれまでの出来事

広辞苑をもっと詳しく

みんなのコメント

  • 台湾は中国の一省だと新たに規定した岩波は、中国共産党に頭を下げたようだ。これが日本のリベラルとでも思っているのだろう。詰まらない書店だ。皆で、見ない、買わない、読まない運動を始めよう。

  • 広辞苑って必要??

  • 活字に書いてあると日本人は信じる傾向が強いがグーグル先生に聞いたがいい

  • 台湾を中国領と明示した「広辞苑」(怒)日本国民なら買うのをやめようぜ(怒)

  • 岩波の本社は売却だそうで 岩波も漫画出そうぜ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ