給食持ち帰りダメ?24年前の教訓

食べ残し給食、持ち帰りダメな理由…集団食中毒の教訓

1月15日(水)7時29分 読売新聞

学校給食の「食品ロス」を削減する取り組みが各地で広がる中、食べ残しの持ち帰りを巡り議論が起きている。食べ残しは年約2万トンに及び、各学校は、肥料にしたり、児童らへの「食育」を充実させたりしているが、多くが持ち帰りは禁じている。先月には堺市の高校教諭が生徒が食べ残した給食のパンなどを持ち帰ったとして懲…

記事全文を読む

「堺市」をもっと詳しく

「堺市」のニュース

みんなのコメント

  • 一人の教師を退職に追い込んだ言い出しっぺは誰だ?食材を無駄に捨てる方が悪いに決まってんだろ!どうやっても余るなら貧困家庭に配るホームレスに配る、職員が持ち帰るのも良いと思うが。

  • 食中毒を起こしたのは器や皿に盛る給食だろ。原因は袋に入っているパンやパックの牛乳ではないはず。それが教訓だと威張られても困るわな

  • 相も変わらず教育現場では給食の残り物さえ解決できない何を学んできたのか?知識だけか?。本来教育とはより豊かな生活環境を得る為のモノでしょ?人と食物の関係を子供に教える現場 持ち帰りは当然 方法を考えろ

  • 風邪で学校休むとコッペパンだけ学校の友達が家に届けてくれた。小学校2年生まで脱脂粉乳とコッペパンだった

  • 地域の人に、その日のうちに食べてもらうとか方法はあると思う。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ