強制不妊訴訟「国は向き合って」

強制不妊訴訟「国は謝罪し向き合ってほしい」 男性や姉が証言

1月16日(木)20時25分 産経新聞

旧優生保護法(昭和23〜平成8年)下で不妊手術を施されたとする東京都の男性(76)が、憲法が保障する自己決定権などを侵害されたとして、3000万円の国家賠償を求めた訴訟の口頭弁論が16日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であった。男性の尋問が行われ、「国は心から謝罪し、私たちに向き合ってほしい」と訴えた。…

記事全文を読む

「不妊」をもっと詳しく

「不妊」のニュース

みんなのコメント

  • 今の科学的見地を当時に当てはめるのはなんだかなーと思ってしまう

  • 当時は家族でさえ優生思想があったのではなかろうか。その時代に今の医療知識や情報伝達を求めるのは無理があるのではなかろうか。ただ薬害エイズが物語るように国のやる事は遅すぎる。もっと早く法改正すべきだった

  • 俺んちの親は60で亡くなった。長生きしてるな、感謝してほしい。当時の法律下ではやむを得ないと思う。この種の裁判がハンセン病・水俣病と永遠に続いている。当時の親族は面倒を見たか。地域も疲弊するだろう

  • めんどくさいんだって。

  • 当時の医学見地を今の医療技術に当て嵌めても。隣の国が過去を掘返しゴネて居る様の様。承諾した親を恨むべき。私も60年前に手術が失敗に終わり、今の医療なら完治し親が承諾した事を恨んだ時期も有るが、詮無い事

全件表示する

BIGLOBE
トップへ