マリカー訴訟 任天堂が勝訴

マリカー訴訟で任天堂が勝訴「5000万円」支払いを命じる 知財高裁

1月29日(水)13時43分 弁護士ドットコム

公道を走るカートのレンタルサービスを展開する「MARIモビリティ開発」(以下:MARI社、旧社名:マリカー)とその代表に対して、任天堂が不法競争行為の差し止めなどを求めていた訴訟で、知財高裁は1月29日、損害賠償5000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。任天堂は2017年2月、MARI社が客にカ…

記事全文を読む

「マリオカート」をもっと詳しく

「マリオカート」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • これに乗ってはしゃいでる外国人。だいたいイケてない。都内でそれで走って、周りから、(いい感じで)注目されてるぜっ!って勘違いしている...。実は、「白い目」で見られているだけなのに、分かってない...

  • 単純に行動をゴーカートで走るのは危険すぎる。ましてや日本の道交法を知らない外国人だぞ。

  • こんなので違法に商売する奴は元々社会迷惑など考えていない。もっと厳しく、営業停止でしょ。さらに商法も改正し社会悪に対する法を作れ。

  • パクリゴーカートで儲けるだけ儲けて逃げるつもりだろうね。韓国するなよ

  • 信号待ち嫌って、信号のない交差点選んで強引に突っ込んでくるのヤメてくれないかな

全件表示する

BIGLOBE
トップへ