「うそつき野郎」施設で虐待

「ガキんちょに権利はない」 障害児施設の支援員が虐待 中学生に暴言延々と

2月10日(土)6時5分 神戸新聞

発達障害や知的障害がある子どもたちの通所施設「児童デイサービス遊」の大久保事業所(兵庫県明石市大久保町)で、40代の女性支援員が、利用する男子中学生に「死んでも生きてもどうでもいい」などと、1時間から... 

記事全文を読む

「虐待」のこれまでの出来事

虐待をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 事の全容が不明なのではっきりした事があまり言えんが、こういう職に就く人は精神的にもかなりタフでないと中々厳しいんだろうなとは思う。

  • 発達障害や知的障害児童に説教しても理解できるのか?それを説教するおばはんも発達障害か知的障害じゃないの違うのか?

  • 嘘付いた人に文句言う奴に限って、自分も平気で嘘を言う。

  • 言う相手をしっかり選ぼうね。朝日新聞なら大半の日本人は許すと思うぞ。

  • こんな日本人が存在する日本が怖い。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ