2・26事件 唯一「戦死」の大将

「二・二六事件」85年目の真実 唯一“戦死”した陸軍大将

2月15日(土)7時0分 NEWSポストセブン

日本最大のクーデター未遂事件──二・二六事件。その衝撃は大きく、事件を取り扱った書籍は膨大で、事件関係者の回想から、作家やジャーナリストによる著作、学者による研究と、その種類は多岐にわたる。小説や映画などにも数多く描かれてきた。しかし、この事件で殺害された要人のうち、陸軍の教育総監だった渡辺錠太郎に…

記事全文を読む

「二・二六事件」をもっと詳しく

「二・二六事件」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 本当にこの国に必要な人は大方歴史の中に封じ込められるか殺されている。そしてそれは今も変わらない。

  • 歴史は勝者によって作られる。   我が国は勝者でもない国から、改ざんされた歴史の押し付けを受けている。   これは希な事例だがね。

  • 正しくは「戦死扱い」とされただよ。大将が暗殺されたのでは面子の問題もあり、遺族に対しても配慮して戦死としたんだよ。

  • 渡辺将軍が武人として反乱軍に拳銃で果敢に応戦したのは226事件を扱った映画や小説にも描かれ、歴史好きな者であれば誰でもそれくらい知っているだろう。大元帥の昭和天皇も226事件では大変激怒しておられた。

  • 此のコメント欄に書くには不適切であるが槇原って薄汚いオッサンは何者?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ