レース鳩を射殺し投稿 店に批判

ジビエ料理店、レース鳩を「撃ってきました」→関係者激怒 県も調査中、店側は釈明

2月20日(木)21時27分 J-CASTニュース

埼玉県内のジビエ(野生鳥獣)料理店が2020年2月10日、射殺したレース鳩の写真をSNS上に投稿し、狩猟家らから批判が相次いでいる。レース鳩は、鳥獣保護管理法で定められた狩猟鳥獣の対象外だ。日本鳩レース協会はこのハトの飼い主特定を進めており、県も調査に乗り出す。「同じハンターとして強い憤りを覚えます…

記事全文を読む

「ハト」をもっと詳しく

「ハト」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 狩猟免状試験、よく合格したな。鳩でとってよいのはキジバトだけ。こんなバカがハンターだとは情けない。ところで、「残酷」というコメントはお門違い。あんたも肉喰うだろ?その肉はどうやって肉にされたのかな?

  • この料理店の名前を公表し社会的制裁を!それと、猟銃で撃った奴の狩猟資格の剥奪を!

  • 暗愚が世に蔓延している証拠。レース鳩とキジバトの見分けが分らないとは免許返納すべし。持ち主のゴム輪が付いていたと思うのですが、それすら廃棄したのか。持ち主にどんな思い出いるのか考えてほしい。

  • なんで店主じゃなく従業員が釈明してるんだ?なんで店の代表である店主が謝らないんだ?この点からもこの店の誠意のなさが分かるな。

  • なんという残酷なことをするのか。人格を疑る。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ