心愛さん父「娘のために真実を」

「うわーん、うわーん」心愛さん号泣動画に女性裁判員が泣き出し一時休廷 そのとき父親は……

2月23日(日)7時0分 文春オンライン

「私がしてきたことはしつけの範囲を超えたものだと深く反省しております。みーちゃん、本当にごめんなさい」千葉県野田市で昨年1月、自宅のアパートの浴室で小学4年生だった栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待を受けて死亡した事件。心愛さんを虐待の末、死亡させたとして、傷害致死罪などに問われている父親の勇一…

記事全文を読む

「虐待死」をもっと詳しく

「虐待死」のこれまでの出来事

「虐待死」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • この男実子を殺しておきながら口を開けば刑軽減の自己弁護ばかり。

  • おまえには死刑すらなまぬるい!!!!!

  • このおやじどこまでも汚い奴だ、人間として価値のない奴だ。死刑。

  • 人間の皮をかぶった悪魔。死刑では物足りないくらいの怒りを覚える。許されるならこの手でたたき殺してやりたい。

  • 弁護士の書いたストーリを述べただけ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ