和歌山の70代男性死亡 新型肺炎

和歌山県で70代男性が死亡 西日本では初めて

2月28日(金)16時5分 AbemaTIMES

和歌山県によると、新型コロナウイルスに感染し入院していた70代の男性が死亡したことがわかった。西日本で死者が出たのは初めて。男性は農業従事者で、済生会有田病院を受診したことがあり、13日に感染が確認された。症状が重く、人工呼吸器を付けている状態だったという。(ANNニュース)▶2歳の息子残し&hel…

記事全文を読む

「新型肺炎」をもっと詳しく

「新型肺炎」のこれまでの出来事

「新型肺炎」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • もはや政治問題、人災です。政府は責任をとれ!中国からの入国禁止をすぐにするべきだ!国民は怒っている!

  • 70代だと未だ未だ現役でしょう。残念でした。感染経路もさることながら、何故、普通に平凡な暮らしをしておられる方がこのような亡くなり方をしなくてはならなかったのでしょうか?本当に残念です。

  • ご冥福を。「和歌山県知事が政府方針批判 軽症患者の自宅療養「従わない」」というニュースもありました。和歌山の方はそのおつもりでお気をつけてください。

  • ウィルスの性質も分らない。治療薬もない。診断キットもない。ウィルスを制圧出来ていない状況でオリンピックなんか開催できる訳がない。万一流行したら対処できない。薬が出来て制圧出来るまでは無理。

  • 感染が確認されてから僅か2週間後の死亡、唯々無念。中国の武漢では29才の女性医師が2才の子どもを残して亡くなったそうである、感染が確認されてから一カ月弱であり、年齢よりも重症化する未知の原因があるのか

全件表示する

BIGLOBE
トップへ