強制不妊救済法 一時金320万円

強制不妊「立法の責任」謝罪へ 一時金320万円 救済法案決定

3月14日(木)20時23分 毎日新聞

旧優生保護法(1948〜96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの救済法案を、与野党が14日決定した。被害者には320万円の一時金を支給し、前文に被害者が手術などで心身に多大な苦痛を受けたことへのおわびを明記。4月中の成立・施行を目指し、同月初旬にも国会に提出する。被害者が国に賠償を求めている訴訟は全…

記事全文を読む

一時金、1人320万円=与野党で強制不妊救済法案—被害者ら訴訟継続へ

3月14日(木)21時0分 時事通信

旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、与党ワーキングチーム(WT)と超党派議員連盟は14日、それぞれ会合を開き、一本化した救済法案を了承した。焦点となっていた被害者に支給する一時金の額は、1人当たり320万円とする。与党WTと議連は、4月中の法案の国会提出と成立を目指す。被害…

記事全文を読む

「不妊」をもっと詳しく

「不妊」のニュース

みんなのコメント

  • 法に基づく合法な行為になぜ賠償が必要なのか理解不能。

  • 絶対に「少ない」って損害賠償請求する人間が出てくるな、人権派弁護士の生活の糧になるよ。

  • 320万では被害回復にならないと弁護士。可哀そうな被害者から弁護士はビタ一文も取らないのかな。

  • 旧優生保護法が制定された経緯や当時の社会情勢が論議されていない。当時のマスコミが、知的障碍者が誰の子かわからない子を妊娠し、生活困窮となる事例があり、これを防ぐために厚生省に要望し、できた法律と教わる

  • 国は当時最善策と考えて法律をつくって実行した。当然のことながらこれによって人生で助かった人も多いはず。強制連行して有無を言わさず処置したとは考えられない。 この問題は人権派弁護士が持ち上げたのだろうか

全件表示する

BIGLOBE
トップへ