災害時も営業 セブン50h労働

コンビニ24時間、福井豪雪でも短縮なし セブン拒否でオーナー「死ぬかと思った」

4月14日(土)9時34分 弁護士ドットコム

大多数のコンビニは、契約で「24時間365日」営業と決まっている。災害などが起こった場合、どこまで契約を守らなければならないのだろうかーー。福井県のあるセブン-イレブンオーナーは、記録的な大雪を理由に2018年2月6日から7日にかけて、24時間営業の停止を何度も訴えた。しかし、セブン側は要求には応じ…

記事全文を読む

「セブンイレブン」をもっと詳しく

「セブンイレブン」のこれまでの出来事

「セブンイレブン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 視野の狭い営利至上主義だな。使い捨て、死ぬまで働けの典型的な企業。

  • 「事実かどうか確認が取れていない」・・・知ってるくせにぃ〜

  • 他のコンビニも7時から11時開店体制に戻して後は防犯カメラに任せて夜間は寝よう。

  • 「確認できていない」「担当者が不在」いつもの逃げセリフは聞き飽きたよ。「殺す気はなかった」「記憶にございません」と同じだよね。

  • 野党を応援する労働者のための連合が何も言わないのが不思議です。自衛隊には冷たいのに。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ