なぜ政治家は震災で失言するのか

「復興以上に大事なのが……」で桜田元五輪大臣更迭 なぜ政治家は震災で失言をしてしまうのか

4月18日(木)6時0分 文春オンライン

安倍内閣が大揺れだ。これまで数々の失言を繰り返してきた桜田義孝五輪相が、過去最大級の失言で更迭されてしまったのだ。「復興五輪」とされる東京五輪まで、あとわずか1年3カ月という段階でなぜこのような発言が出てしまうのか?これまでの震災関連の失言などを含めて考えてみたい。辞表を提出後、取材に応じる桜田義孝…

記事全文を読む

「東日本大震災」をもっと詳しく

「東日本大震災」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 国民のための政治をしておらず、自分の私利私欲が第一の政治家ばかり。本音がポロっと口からこぼれちゃうw

  • 他人事だからでしょ? 国会中に 国会議事堂だけ 災害が起きれば少しは肝に銘じるかな?無理だな。

  • 自分の利益に関係ない被災地のことなんか頭の中にないからだ。

  • なぜ政治屋がって 政治屋がそんな人が集まってくる職業だからでしょ 寄付はするもんじゃないもらうもんだって考えの人たちですよ

  • 自民党の政治家は広島災害の時に分かるように死の恐怖で逃げ回っている時に自民亭で大宴会する位、国民の皆様の事より今の自分の気持ちがいい環境が大切だから、森のゴルフ、熊本地震の大した事無い、等が口から出る

全件表示する

BIGLOBE
トップへ