文春記事巡りのん元事務所が勝訴

のん(能年玲奈)裁判判決 文春コメント全文

4月19日(金)18時45分 文春オンライン

『週刊文春』(2015年5月7・14日号)に掲載された記事「衝撃スクープ国民的アイドル女優はなぜ消えたのか?能年玲奈本誌直撃に悲痛な叫び『私は仕事がしたい』」等が事実に反するとして、能年玲奈氏(現在はのん)の元所属事務所・レプロエンタテインメントおよび同社社長の本間憲氏が、発行元の文藝春秋に対し、計…

記事全文を読む

「週刊文春」をもっと詳しく

「週刊文春」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 自分は個人的に応援している

  • 今回ばかりは、文春とのんを応援する。

  • 文春記事がどこまで能年の言葉通りだったか。週刊誌はインタビュー内容を面白おかしく編集してしまうし。ただレプロの能年への仕打ちはおかしい。退社後も本名なのに芸能界で「能年玲奈」の名前を使わせないし。

  • おかしな話だよ。タレント本人に対しては何故裁判しないんだよ。仮にタレントの証言を捻じ曲げた記事というなら、訴えるのはタレント本人でしょ。事務所がタレントの代理なら分かるけど違うよね。

  • 胡散臭い事務所であることに変わりはなかろう。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ