進む廃墟化 ニュータウンの末路

ニュータウンの末路 希望持てる街と廃墟化する街の差異は

4月21日(土)7時0分 NEWSポストセブン

日本が経済成長を遂げた1960年代から1980年代にかけ、住宅需要の急激な高まりから全国各地に造成され、人気を博した「ニュータウン」。だが、街や人の高齢化に伴い、その役割は薄れつつある。住宅ジャーナリストの榊淳司氏がニュータウンの現状を報告する。***「また抽選に外れてしまった」──。そう言って、お…

記事全文を読む

「ニュータウン」をもっと詳しく

「ニュータウン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 人口が増えてニュータウンができた。人口が減ってニュータウンから消えていくのは当たり前。

  • 夫婦別姓⇒家族別姓、日本を破壊する政策に断固反対。

  • 日本の家族を壊したからだよ。自虐思想、欧米思想の強要、男女共同参画などが尺の根源。

  • こうなったらニュータウン跡地にこの後急速に需要拡大する霊苑を造るのが良いのでは。

  • マンションは若いうちは利便性が良くメリットがある。しかし、定年後の年金生活では管理費や修繕費が重くのしかかり、しかも住居部分の修繕費は別途かかるのでデメリットが大きい。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ