新潟が「人口日本一」だった時代

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史

4月22日(日)11時0分 ねとらぼ

日本の人口は2017年10月1日時点で1億2670万人ほど。都道府県の人口1位はもちろん東京都で、1372.4万人。最下位となる47位は鳥取県で、56.5万人。その差は約24倍にもなります。現在ではあまりにも当たり前の東京の人口1位。しかし、かつては東京が人口1位ではなかった時代が続いたことは、あま…

記事全文を読む

「人口」をもっと詳しく

「人口」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 外国人の比率が急激に上がってる都府の方が問題なんだけどな 実質、移民じゃないか 面倒な事は誰も騒がない それが日本の国政

  • 今はネットもあるしチェーン店はおなじなので、あとは地方に大きなIT企業を誘致して放送局と一緒にして仕事を増やし、子供を沢山生んで育てやすい都市を作ればすぐ変わりそう。人口増やせれば勝ち組かも?

  • 昔は交通機関も発達してなかったから地元を離れ遠方の地で暮らすのも一大決心だったんじゃね。情報なんかも簡単に入ってこないだろうし

  • 人口のスポット拾らって、何を言いたいのでしょう。

  • あまり知られていない江戸から明治にかけてのわが国の地方人口の推移について、良くここまで細かく調べた点は評価するが、文章が長すぎるな。三分の一くらいに簡潔に要約して短縮すべきだよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ