二階氏が読売新聞に激怒した理由

「なめた記事を書くんじゃない!」 二階幹事長が読売新聞に激怒した理由

5月9日(木)6時0分 文春オンライン

党内第5派閥(44人)を率いる©文藝春秋自民党の二階俊博幹事長(80)が4月24日、北京で習近平国家主席と会談し、安倍晋三首相の親書を手渡した。この模様を伝える中国国営中央テレビ(CCTV)の映像が、波紋を広げている。親書を手渡した後、「気をつけ」の姿勢をしたかと思えば、会談中は習氏の言葉に頷きなが…

記事全文を読む

「二階俊博」をもっと詳しく

「二階俊博」のこれまでの出来事

「二階俊博」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 老害って、この人のためにある言葉なんだろうなぁ。そこまで中国様に通じてるなら中国船の領海侵犯を人脈で何とかしろよ。何も出来ないならただの中国の子分だよ。

  • はぁ〜ぁぁ(深いため息)。まるで二階は中国共産党の一員みたいだったよ。まるで近平の子分。日本のメンツとか少しは考えないのかね。あ、自民党安倍支持者は二階の、このへりくだった態度を称賛してるんでしたね呆

  • 会えるだけで嬉しい? それが自慢 中身?はな〜い 握手会なのだ。チャイナ48アイドル握手会、 トランプの握手会はゴルフ付きの手土産と防衛備品購入目録が必要だが、中国への手土産は?何持って行った。

  • こんな人が、安倍自民党の幹事長とは。能力、人格、識見、何処からみても首をひねる。党のトップがこれだから、後は推して知るべしと言う事かな。安倍自民の政権続行は、日本を危うくする。いや、崩壊させる。

  • 周にヘイコラして国内では威張り散らす。国民はそういうお前と正反対の政治家が欲しいんだよ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ