流れ着く「謎の遺体」自治体悲鳴

日本海に流れ着く「謎の遺体」、火葬する自治体は悲鳴…官報掲載「行旅死亡人」の背景

6月24日(日)9時5分 弁護士ドットコム

約50年前に亡くなった女性の頭蓋骨が、鹿児島市内の高校の教室から見つかったことが先日話題になった。その発端となる情報を掲載したのは2018年6月5日付の官報だ。官報によると、鹿児島県立鶴丸高校の生物講義室にある標本棚で、頭蓋骨だけが発見された。見分の結果、性別は女性で本籍などは不明。約50年前に亡く…

記事全文を読む

「行旅死亡人」をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 北朝鮮は共産党員のバッチ付の者しか米は食べれない。バッチ無は米以外を食べている。一般国民は地獄の世界だろう。その証に正恩を崇めながら、自由飽食の日本でずる賢く生活している朝鮮総連・学校一族は帰国しない

  • 北朝鮮の粛清を受けた民間人でしょ。朝鮮総連に着払いで送ればいいでしょ。

  • 日本海側に流れ着くのは遺体ではなく死体

  • キムから逃れての結果残るのも地獄出国するのも地獄一刻も早くキムを粛清しないと犠牲者は増える一方お解りかな文殿

  • 秋田県の海なんてずっと前から毎年数人は水死体が流れ着いていた。県全体なら毎年それなりの人数だろう。急に今になってのことではない。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ