非常招集受け被災 殉職の警察官

<西日本豪雨>「警官とは」教えてくれた 土砂崩れで殉職

7月12日(木)1時16分 毎日新聞

西日本豪雨では、災害対応に当たろうとした警察官も犠牲になった。広島県警東広島署の藤岡司警視(58)=警部補から2階級特進=は6日夜、非常招集を受けて署に自家用車で向かう途中に被災し、川に転落して殉職した。上司らは「彼の遺志を継いで署員が一丸となり、この災害を乗り切っていきたい」と話す。「招集かかった…

記事全文を読む

「殉職」をもっと詳しく

「殉職」のニュース

みんなのコメント

  • ご冥福をお祈りします!

  • 口が達者な人が多い世の中で本当に立派な行動でした。若い警察官の鑑として語り継いでほしい。

  • 仕事柄、家族を残してでも仕事に出かけないといけない。非常に素晴らしい職業なのですが、つらいですね。しかも殉職なんて、涙が止まりません。ご冥福をお祈りします。

  • それでも政府は支援の掛け声ばかり。現場の救助復興員が一番苦しんでいる。総理、大臣、議員、パフォーマンスの視察の名目でそのような人たちに迷惑かけないで。

  • 国のトップや災害地元選出議員でも避難指示が出ている最中に自民亭で大宴会して、その様子を自慢げにネットに投稿する議員をいる国だ!無念だが殉職警官と下劣自民党の名は国民の心に残る。合掌

全件表示する

BIGLOBE
トップへ