新イージス艦「まや」と命名

新ミサイル護衛艦「まや」と命名 海上自衛隊7隻目のイージス艦

7月30日(月)17時43分 BIGLOBEニュース編集部

海上自衛隊の新たなミサイル護衛艦の命名・進水式が30日、ジャパンマリンユナイテッドの磯子工場で行われ、艦名は「まや」と命名。かつての重巡洋艦「摩耶」の艦名を引き継いだ。「まや」は、新型迎撃ミサイル「SM-3ブロックII」の発射能力を備えたイージス艦。海上自衛隊のイージス艦としては、こんごう型護衛艦の…

記事全文を読む

「イージス艦」をもっと詳しく

「イージス艦」のこれまでの出来事

「イージス艦」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 共産独裁国の脅威は増している。国防は最優先。

  • 「摩耶」ですか。最近の海自はネーミングのセンスがいいですね

  • イージス艦もいいけど半年間くらい常駐できる大型巡視艇をもっと作れ。尖閣諸島だけでなくロシアや北朝鮮などの動きにも注力しないといかんだろ

  • 次のイージス重巡の艦名が楽しみですな。摩耶は高雄型重巡洋艦の一隻であり、同型艦の愛宕、鳥海はすでに就役しているから、おそらく「たかお」かな。

  • 反対意見もわかりますが、中国が新型(音速)ミサイル開発している以上、どうしても備えなければならず。何もしなければ、奴らは更に調子に乗ってこれまで以上に領海内に進行してきますよ。出来れば敵基地反撃装備も

全件表示する

BIGLOBE
トップへ