甲子園 名将たちの継投論

甲子園「エースと心中」はありえない 名将たちの継投論

8月4日(日)7時0分 NEWSポストセブン

大船渡高(岩手)・佐々木朗希投手の“登板回避”問題が賛否両論を呼んでいる高校野球。今後は「球数制限」の導入も本格的に議論されていくだろうが、「もう“エースと心中”では戦えない時代」と指摘するのは、近著に『高校野球継投論』があるスポーツライターの大利実氏だ。では、甲子園常連校の名将監督たちは、どんな継…

記事全文を読む

「甲子園」をもっと詳しく

「甲子園」のこれまでの出来事

「甲子園」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 今は科学の時代昔の根性論では通じない。「元気があれば続投もできる」は医学の知識のない人間の言う事。心身どちらも重要。

  • ★要するにカネに任せてピッチャーかき集める私立がまた強くなると

  • 未成熟の体 100球がいいとこじゃないか 他の投手にもチャンスを与えたらどうか 意外な掘り出し物があるかも

  • 簡単なことだよ。ベンチ入り選手を増やせば良いだけでしょ。部員数少ない弱小高はなどと叫ぶ輩がいるが、陸上のリレーで部員が2名しかいないからってルール変えるかよ。弱小問題は個別問題だから自分達で解決しなよ

  • やはり生徒の健康が第一だね。そして猛暑の甲子園ではなく京セラドームなど環境のいいところで試合させたいね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ